ニールズヤードのボディシェイプマッサージブラシをつかって角質除去と保湿

ニールズヤードのボディブラシで角質除去

角質除去と保湿でマシュマロ肌を手に入れる

ニールズヤードのボディシェイプマッサージブラシは2wayタイプの優れもので、古い角質除去だけでなくセルライトにも使えます。

ごわついたヒップと足の境目やザラザラしたデコルテは角質除去と保湿ができていない証拠。

若い頃は自然と体の皮膚のターンオーバーもできていますが、運動不足や睡眠不足、食生活の乱れなどから、徐々にそのターンオーバーが上手くいかずに老廃物や古い角質がたまりごわつくことも。

座りっぱなしのデスクワークの人、運動不足の人は特に注意。

何気なく毎日身体を洗ってるだけでは意識しない裸の後姿。自信ありますか?

さて、そんな後姿にも自信がもてるマシュマロ肌へのステップその壱。

それはボディブラシでのマッサージ。

オススメのボディブラシは、ニールズヤードのボディシェイプマッサージブラシ。ニールズヤードのブラシはブラシとマッサージの2WAYタイプで、お風呂に入る前にブラシの部分でマッサージ。角質を落とし血行を促進させます。木製の突起部分は、お風呂上りにオイルを塗った後マッサージに使用します。

まずはブラシの部分

ニールズヤードのボディブラシのブラシ部分の使用方法

肌の表面のブラッシングに 古い角質を落とし、肌の引き締め、血行をよくする効果があります。
力をかけないで、軽く払うように優しくブラッシング。お風呂前の肌が乾いている状態で使いましょう。

1.足先から膝に向かい下から上へとブラッシング。
2.膝上から足の付け根(前側)に向かい下から上へとブラッシング。
3.お尻や腰は、脇に向かってブラッシング。
4.両腕は手先から脇の下に向かって下から上にブラッシング。
5.お腹は特に優しく時計回りにブラッシング。

特にお尻と足の境目は意識してブラッシングしましょう 。
お尻全体をあげるように下から斜め上脇に向かってブラッシングします。このとき、あまり力をいれず、払うようにブラッシングすること。

乾燥肌でアトピーもちの私ですが、肌の刺激は見た目ほどではなく、ブラッシングしても痛くないです。
ただ、やりすぎない程度にしましょう。

お尻は手でなで上げるだけでもヒップアップの効果があると造顔マッサージで有名な田中宥久子さんも、高橋ミカさんもいわれています。たかがマッサージと侮ってはもったいないですよ。

ラグジュアリーなバスタイムで女度を上げる

お風呂の中でリラックス。なりたい自分を想像しましょう。

ブラシでの古い角質除去が終わったら、いつもとはちょっと違うバスタイムを楽しみましょう。

お風呂はリラックスしながら自分の妄想に浸ってセルフイメージをアップさせる絶好の機会です。

まずはお気に入りの香りのアロマオイルやボディーオイルをバスタブに少したらします。湯気でいい香りが充満したら、バスタブにゆっくりとつかりましょう。温度は熱すぎず、ぬるすぎず、40〜42度くらいがいいでしょう。

時間が立ってぬるくなったらお湯を足して。

好みでキャンドルに火をともして、自分がなりたい体系やツルツルになった体をイメージ。

自分のイメージに浸りきったら、身体を磨き上げましょう。

洗うのは、ボディーソープではなくて石鹸を使ってみましょう。

ボディーソープは泡立ちが良いのですが、市販のドラッグストアなどで安く買えるものの多くが石油系界面活性剤の発泡剤を使っているので、肌の油を多く洗い流してしまい、人によっては乾燥肌を悪化させてしまうことも

お気に入りの香りの石鹸でもいいですが、できればグリセリン(保湿成分)がたっぷり入ったオーガニックの石鹸を使ってみてください。グリセリンを多く含む石鹸はちょっと高いですが、パックにできるほど美肌成分たっぷりなものです。使っているオイルなどで香りも楽しめます。(植物アレルギーがある人は、物によって合うあわないがありますのでご注意)

泡立てたらごしごしこすらずに、顔を洗うようにやさしく洗うことで余分な汚れだけを落とします。

髪の毛は身体を洗う前に済ませておきましょう。
(シャンプーやコンディショナーに入っている化学物質や界面活性剤、シリコンが毛穴をふさいでしまうため。)

からだが冷えないように、寒かったらまた温まるまでお湯につかりましょう。

ヴェルトゥーの石鹸は良質な天然オイルや植物のパワーがたっぷりと入っていて使っていて気持ちがいい石鹸です。泡パックしてもいいくらい保湿効果もあります。 梨花、IKKO、マドンナ、平子理沙が愛用しているガミラシークレット。イスラエルの手作り石鹸でこちらも泡パックして使ったりできます。香りの種類も豊富。

≫マッサージで血行を良くしてプリプリに

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP