Vライン、Vゾーンと呼ばれるアンダーヘアの脱毛

Vライン脱毛をする前に

アンダーヘアのお手入れはワンランク上の女の身だしなみ

Vライン脱毛 画像

Vライン・Vゾーン(ビキニライン)とは前から見たときに見える部分のアンダーヘアの脱毛です。

Vラインは、わき脱毛とほとんど変わらない金額で永久脱毛できることから、脇脱毛の次に人気です。

エステでの施術の相場は大体20,000円〜30,000円前後/1年6回。

Vラインに生えるムダ毛は下着や水着に合わせて処理したり、形を整えたりはエステやクリニックに行く前に自分で行います。(ニードル脱毛の場合は別です。)

Vラインはアンダーヘアのお手入れの入り口。

アンダーヘアの永久脱毛はVライン、Iライン、Oラインとありますが、Vラインは量の多いアンダーヘア、生えている範囲の広いアンダーヘアを整える感覚で行う人が多いです。

アンダーヘアはわきの下同様、少し剛毛、他の毛より毛質も太いため永久脱毛して最低限形を整える人が増えています。自己処理だとカミソリ負けして色素沈着してしまったり、埋没毛の原因となるためあまりおすすめできません。

なので私の見解としては、ある程度形をエステのフラッシュ脱毛で整えるのが一番だと思っています。

クリニックでの医療レーザーでもいいと思うのですが、ダイオードーレーザーの出力の範囲と痛み、料金的に考えてもエステの方がいいです。

しかしVライン脱毛をする前に注意したいことがいくつかあります!
これを知っているか知らないかではVライン脱毛はだいぶ違うのでよく読んでくださいね。

Vラインを完全に処理する前に注意したいこと〜エステの選び方

Vラインと呼ばれる範囲はとてもプライベートな部位の脱毛です。
相手が女性でエステティシャンとはいえ自分の下半身を見られるのは恥ずかしいものです。

しかも、Vラインのお手入れ時には、照射をしっかりとするため、片足を広げ下着(もしくはエステで用意された紙ショーツ)をずらされます。もちろん、個室のベットでの施術ですが、マッサージを行うエステとは違い蛍光灯で照らされて明るいままです。

そして担当エステティシャンがついて信頼できる人ならいいのですが、毎回担当が違い、やたらと施術中にもかかわらず話しかけてきたり、ひどい場合施術中にアフターケア商品の営業トークをされることもあります。

わきの下の照射中ならまだそういったことも我慢できるかもしれませんが、ビキニラインの照射時にはちょっとひどいと思いませんか?でも実際そういったエステも気配りすらできないエステティシャンもいるのです。

しかもVラインの照射はめちゃくちゃ痛いです!

毛の太さや密度、そのエリアの色素沈着の有無にもよりますが、わきの下に比べたら痛い!
恥ずかしいし、痛い!鼻の下に汗を掻く痛さです。

そのため、Vライン脱毛は本当に慎重にエステ選ぶことをお勧めします。

とにかく勧誘のないエステを選ぶのはもちろんのこと、エステの場合は特に施術を行うエステティシャンをよく見ましょう。担当がつくかつかないか?もそうですが、社会人として最低限の気配りができる人なのか?も見ておいた方が安心です。

Vライン脱毛をする前に注意したいこと〜脱毛範囲を考える

Vラインの形を整えたい生えている範囲を狭くしたい場合、その後IラインやOラインの脱毛をしたいかも踏まえてエステを選ぶ必要があります。IラインとはVラインの奥、陰部周りともいいますが、Vライン脱毛をするとIラインやOライン(肛門周り)まで毛をなくしてしまいたい、生えている範囲を狭くしたいとなる人が多くいます。

そのためピュウベッロというエステではVライン広範囲という脱毛コースが設けられており、VラインとIラインの脱毛がセットになったコースも人気です。

ピュウベッロのように、Vライン広範囲などといった脱毛コースが用意されているところは、エステティシャンもその部分の施術になれているため安心です。

エステで脱毛する際はVライン、Iライン、Oラインをするかどうか?も踏まえて考えましょう。アンダーヘアを脱毛するなら一気にやってしまった方が恥ずかしい思いをする回数もエステに通う回数も痛みもいっぺんにすみます。

V.I.Oラインがセットになったのをハイジニーナとも呼びます。ハイジニーナはVライン、Iライン、Oラインをまとめて少なくしたい、ツルツルにしたい人にお勧めのプランです。

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP