トリアプレシジョンとトリア4xの違いを動画で比較

トリアプレシジョンの動画

プレシジョンの照射スピードや使い勝手を動画で撮影

トリアプレシジョンの使い方や、照射スピードなどについて、わかりやすく動画を撮影しました。
iPhoneで撮影したため画像が少し低いですが、内容としては十分、使用感や使い勝手、トリア4xとの違いをお伝えできていると思っています。

まずはトリアプレシジョンとトリアの違いをご覧ください。

トリアプレシジョンは、前のページでも書きましたがトリア4xと違って連続照射はできません。
照射スピードもトリア4xには劣りますが、出力はトリアと同じ。中間の出力レベルがないだけです。サイズの小ささ、価格の安さが魅力ですが、脱毛したい部位の照射範囲が広く、毛深い人はトリア4xの方がスピーディーに照射はできます。

こちらは照射速度の比較です。

トリア4xと比べると反応が鈍かったり、速度は遅いです。どちらを買うか悩む人は、照射スピードで悩むことが多いですね。友達はやっぱり重くてもトリア4xの方がいいな!といっていました。

私のように、もう狭い範囲に数本とか、部分的にしか毛が生えてこない人にはプレシジョンがいいとおもいますが、広範囲ならトリア4xがお勧め。

ちなみに、VIO脱毛くらいならプレシジョンでも十分です。

何気にVIOはわきの下と同じくらい毛は太いし、しぶとく生えてきますから自分で照射はかなり大変。

照射回数は10ショット程度でギブアップの痛さ。それに10分でも下を向いて照射していると首が痛くなります。それを考えると、プレシジョンで充分なんですよね。

痛くて照射スピードのことなんて気にならなくなります、VIOは。ちなみにVIOは最低レベルの1から始めた方がいいですよ。なんといってもデリケートゾーンですからね。

トリアプレシジョンの充電の様子の動画

トリアもトリアプレシジョンも充電している間は照射ができないです。
これはフラッシュ脱毛と比べられるポイントでもありますが。

脱毛って痛いので、そう何分も続けて自分で1回で広範囲を脱毛できないです。

ひざ下はたいしたことないですが、足の親指とかMAXで照射すると、針で刺されたかのような鋭い痛みを感じます。。

そうなんです、脱毛って、、痛いし、疲れるんですよね。

それを考えると、トリアプレシジョンは20分連続使用できますし、それでこまめに照射していけば、十分な脱毛効果が得られます。充電時間は2時間半でフル充電になります。

昔のTRIAに比べると、プレシジョンや4Xは充電中も静か。
(昔のトリアやアイエピはドライヤーの様な充電音がありました。)

早く毛が生えなくなるようにしたい人は、保冷剤で肌表面をきちんと冷やしてから、出力レベルMAXで照射すると結果も早く出ます。太い毛はレベル1とかで照射しても、毛は細くなりますが、また生えてくることもあるので、確実になくしたい部位は痛いけどがまんしてMAXで照射がお勧め。

↓トリアプレシジョンとトリア4xの詳細は公式サイトで↓



TRIAのホームページを見る

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP