トリアプレシジョンの効果

トリアプレシジョンの効果

トリアプレシジョンの効果と出力の口コミ体験レビュー

トリアプレシジョンとトリアの照射口

トリアはかれこれ3世代前から愛用している私。

トリアプレシジョンとトリアも使い比べてみました。
右がトリア、左がトリアプレシジョンです。
こうやって照射口を並べてみると、トリアの方がすこし照射口がプレシジョンより小さいですね。

ただ、肌への照射スピードはトリアの方がプレシジョンより早くて、反応もスムーズ。

照射レベルは同じですが、トリアは5段階出力、
プレシジョンは3段階出力です。
(出力は7ジュールから20ジュール)

ここはあまり気にしなくても大丈夫なことですが、プレシジョンでも弱・中・強で出力のレベルは20ジュールがマックスという点は変わらないので、効果の違いはなく、問題ないです。

トリアを選ぶか、プレシジョンを選ぶかに関してのポイントとしては、
照射スピードを気にするか?という点ですね。

そこが気にならないのであれば、出力の差はないためどちらを選んでも効果は同じ
なのでどの範囲を脱毛するか?で考えて、ゆっくりのんびりの脱毛するのであればプレシジョンであっても、ひざ下、ひじ下などの広範囲もOKです。

ただ、背中の全体のうぶげをなくしたいとか太ももの全体の毛をなくしたいという毛が比較的濃い人は、プレシジョンよりもトリアの方が手伝う人も楽かと。

背中の脱毛は広範囲で照射漏れもどうしてもありがちなので、自分でできないという点を考えても、スピードは重要。家族や友達、彼氏に当ててもらうことを考えると、背中などの自分でできない照射範囲の脱毛をするなら、プレシジョンは向いてないです。

トリアは出力レベルを1にするとスライド照射、連続照射ができます。
(照射口を肌につけたままスライドして照射可能)

脱毛効果に関しては変わりはないですが、スピードという点では大きな差があるので、脱毛範囲によってどちらを買うべきか?考えましょう。

トリアプレシジョンの使い方、フラッシュ脱毛機との違い

トリアプレシジョンのファン

プレシジョンの使い方はいたって簡単。

プレシジョンはトリア4xと違って充電残量などの表示をする液晶画面はありませんが、その分かなり軽くてシンプルなつくりになっています。

スイッチオンして、そのボタンを何回かおして出力を調整。(写真は出力:強)
電気シェーバーでムダ毛を剃った肌に照射口を軽く当てるだけ。スイッチオフは長押し。

使い終わったらフル充電してしまっておくと、
バッテリーが長持ち
します。

プレシジョンは1回のフル充電で、15分使うことができます。 15分もあればだいたい両ひざ下まんべんなく照射できます。(トリアの場合は30分)

両ひざ裏の途中で電池が消耗するかな?といった感じ。
充電しながら照射ができないのが少し不便。

でもトリアはフラッシュ脱毛器と違って、照射口が熱くなって、照射できない、照射口が冷めるまで使えなくなることはありません

フラッシュ脱毛器は連続照射はできますが、1回の照射おきに待ち時間が数秒ありますし、
長時間つかってると照射口が肌に当てられないくらい熱を持つ
んですよね。

それに、フラッシュ脱毛器は照射口が冷めるまでの時間が結構掛かる。
何十分か使い続けるとハンドピースの冷却ファンがフル回転しても追い付かないから、
結局しばらくつかえなくなるんですよね。

それを考えるとプレシジョンは充電した分は連続して使うことができます
まずフラッシュ脱毛器と違って照射口が熱くならないんですよね。

それにフラッシュ脱毛器と違って重ね打ちしても肌に負担がかかりません。
フラッシュ脱毛器は光の質が違うので表皮にも熱ダメージがあるんですよね。

フラッシュ脱毛は強で照射するとお風呂に入ったらヒリヒリしますが、
プレシジョンは強で照射後も肌がヒリヒリしたり赤くなることはありません。
それにトリアの光は目に入っても安全なのでサングラスの着用をしなくてもOK

そういう意味ではプレシジョンは肌にもやさしく、使い勝手も簡単で安心、消耗品費もない!見た目もおしゃれ、効果もトリアと変わらず!家庭用脱毛器では最も優秀な製品といえますね。

≫トリアプレシジョンの照射スピードや使い勝手を動画で比較、撮影しました

↓トリアプレシジョンとトリア4xの詳細は公式サイトで↓



TRIAのホームページを見る

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP