中高生から淑女まで女の脱毛ライフプラン

中高生から淑女まで女の脱毛ライフプラン

30代の後半、40代、50代の女性も脱毛サロンに通い始めています

岡本夏生さんは当時、ニードル脱毛でアンダーヘアを処理していしたそうです。とにかく痛かったとといってます。

ムダ毛が気になり始める中学生。

自己処理を始めるのは早い人は中学から。

高校生になったらひざ下やひじ下の自己処理を毎日するという女の子もいるほど、ムダ毛との付き合いは中高生から始まります。

そもそもアンダーヘアが生え始めるのも小学校の高学年から中学の間。高校生になった時にはある程度ふさふさしています。

わきの下の毛も高校生になったら大抵の女子が処理をし始めます。

ムダ毛の処理は、お母さんやお姉ちゃん、友達から見聞きしてできるようになるというのが一般的。

今となっては、脱毛サロンでの脱毛でわきの下がツルツル!なんてこともできるのが当たり前となっていますが、たとえば、今の40代のバブル経験世代の女性たちは、エステで脱毛がまだ常識ではなかった世代。

今、30代の後半、40代の女性も脱毛サロンに通い始めています。

30代、40代というと多くの女性は結婚し、子育てに追われたり、ようやく子育てに手がかからないようになって仕事に復帰したり、趣味に勤しんだりできる世代。

そして子供はティーンという人も多い中、親子でサロンに通う人も増えているようです。

脱毛をサロンで経験しなかった30代、40代は今の脱毛の価格の安さから、わきの下、ひざ下、ひじ下はもちろん、ビキニラインも、て言うか全身脱毛したい!という人も多いようです。

脱毛サロンでムダ毛をなくす人口がここまで増えている中、脱毛サロンで気軽に安く脱毛できるという安心感と口コミから今や10代から50代、まれに60代までエステで脱毛している時代になりました。

バブル世代の40代の女性たちの20代のころは、『永久脱毛は高いし痛い!ニードル脱毛しかない時代』だったため、今の安くて痛みもそれほどではないエステに通える20代をとてもうらやましく思っています。

なぜなら彼女たちが20代のころ、ニードル脱毛はとても高く、時間もかかる、そしてとても痛いのが常識。

岡本夏生さんいわく「(あの時の脱毛なんて)もう拷問のようだったわよ!」と、ニードル脱毛でのビキニラインの痛さを語っているほど。

昔のグラビアアイドルは、今のようにグラフィックソフトでの修正などという高度な技術がなかったため、毛がはみ出てしまった写真はもちろんNG、剃った後がぼつぼつしていたりというののカバーが大変だったんだとか。

今となってはフラッシュやレーザー脱毛でさえ安くなっているので、当時脱毛したくてもできなかった女性たちは喜んでエステに通っています。

若いうちにやっておくのがお得!ムダ毛は生えてこないのが楽!

『あ、やばい、腕ジョリジョリしてる』って付き合いたてのデートで気になり始めたら?剃り残しを気にしなきゃいけないなんて嫌ですよね?

わきの下や、ひざ下、ひじ下を頻繁に剃っている人は、
その自己処理のせいで肌を痛めてしまったり、黒ずみをつくってしまったりといいことはありません。

自己処理の期間が長ければ長いほど、毛周期も狂ってしまい、サロンでの脱毛でも時間がかかってしまいます

なので、本当に、18歳から脱毛してしまうくらいでもいいくらい。

だって、わきの下なら数千円で脱毛できるエステがこれだけ増えているんですから。

『あ、今日処理してくるの忘れた!』
『ノースリーブ着たいけどワキ大丈夫かな?』
『今日お泊りしたいけど、ワキの処理がやばい』
『腕組みたいけどひじ下ジョリジョリしないかな?』

なんて心配をしなくてすむというのはとてもストレスフリー。

はじめてのデートや付き合いたての頃、
特に10代や20歳前後だと特にそんな細かいことでもとても気になるものです。

特に好きな人や彼氏とのデートの際にいちいちひざ下、ひじ下、わきの下と処理したり、水着になるときやスカートをはくときに、『生えてないかな?』なんてチェックするのはメンドクサイです。

そういった心配をしなくなるのは早ければ早いほど精神的にも楽!なのです。

特に、もともとムダ毛が濃い人にとっては、エステでの脱毛はそのコンプレックスを解消するとてもうれしいものでることに間違いありません。

毛深いことを悩むならさっさと貯金して全身脱毛してしまえばいいだけの話なんです。

悩む時間の方がもったいない!だって、全身脱毛ですら10万円代でできてしまうサロンがここまで増えているんですから。学生時代にバイトして貯金すればすぐにエステに通えるんですもの。

今の30代後半、40代の女性は全身脱毛に安くても30万〜50万、下手したら100万円払っていたんです。
ニードル脱毛しか選択肢がなかった時代はもっと高いかったんです。

オアシズの大久保さんなんてその当時エステのワキ脱毛に行ったら両わきだけで120万円と見積もられてあきらめたというエピソードをTVで披露してしまうほどです。

それに、ムダ毛はなくしてしまうのが早ければ早いほどお得な理由にはもう一つあります。

多くの女性には結婚、出産というものがあるからです。

≫脱毛は結婚・出産前にある程度終わらせておきたい

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP