冬から始める背中の脱毛

冬から始める背中の脱毛

映画バーレスクが好評価のアギレラ。背中の空いたドレスを堂々と着こなせるのは素敵。

大人の女性が密かにはじめている脱毛箇所は背中のうぶげ。

わきの下、ひざ下、ひじ下はもちろん、ビキニラインも終わったら次は背中という人が多いようです。

背中はあまり他人に見せる機会がないとはいえ、
冬場でも背中の空いたドレスを着る機会ありませんか?
そう、友達の結婚式のドレスなんかです。

花嫁さんはもちろん式の前にワックスとかで脱毛ずみですが、花嫁さんの後姿を見て自分のうぶげが急に気になり始めることもあったり。

背中が開いているきれいなドレスを着こなせたらかっこいいですよね。

夏場は特に気になる背中のうぶげ。うなじから背中にかけてけっこうはっきりつながっている人や真ん中でつむじのように渦がある人まで、背中のうぶげの濃い人は悩みどころです。

でも背中のうぶげは自分では処理することが難しいし、そもそも自分で見ることが難しいですよね。
それにエステで背中のうぶげの脱毛をする場合でも結果を自分で確認するのは難しかったりします。

そんな背中の脱毛についての特集です。

背中のうぶ毛、自己処理に注意

背中のうぶげの自己処理で肌トラブルを招いてしまっては本末転倒です!除毛クリーム、脱毛ローラーなど刺激の強いものはNG。

背中って自分じゃ見えないし、手が届かない場所でもあり、自分で処理するのが難しい場所なんですよね。

首の後ろあたりはかろうじて手が届く感じですが。

そんな手の届かないところだからこそ、自己処理グッズもたくさんあります。除毛クリーム、摩擦でムダ毛をからめ捕るタオル、ただ、そういった脱毛グッズで背中の皮膚のトラブルを招いてしまうこともよくあります。

たとえば、除毛クリーム。

除毛クリームはムダ毛を溶かして取り除くことができます。ただ、毛が溶けるということはそれなりの強い薬剤が使われていて、肌トラブルを起こしやすいのも特徴。

背中は意外に毛穴が多い場所で、シャンプーやリンスのすすぎが悪いとニキビができたりとデリケート。

背中をきれいにしたいためにムダ毛の処理をするのに、除毛クリームでニキビをつくっては本末転倒です。
ちなみに除毛クリームを使っているうちに毛が薄くなるとか生えてこなくなるといった宣伝文句がうたわれているものがありますが、そんな効果は全くないものがほとんどなのでご注意を。

また、うぶ毛を絡め取れるタオルや同じくローラーがついていてムダ毛を絡め取るといったたぐいのものもほぼ効果がないといっていいです。

タオルでうぶげを絡めとれたり、ステンレスのローラーでうぶ毛がすんなりきれいに取り除けるか?といったらそんなにきれいに取り除けないです。

だって、タオルで背中をごしごしこすってうぶげが抜けていることってありますか?うぶげを絡め取る加工がしてあるタオルといっても、もし表面がザラザラして繊維とかで絡めとれるといっても軽くこすったくらいじゃ無理です。

それにそれで擦り取ったとしても、除毛なのですぐにまた新しい毛が生えてきますし、こすりすぎによる肌トラブルも心配です。そのためか、擦り取るタオルやローラーの脱毛商品には必ず注意書きがあります。

『肌の弱い人は使用しないでください』と。

≫背中の脱毛、自己処理はどうすればいいの?


knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP