黒ずみ・色素沈着の予防とケア

やってはいけない痛い自己処理

ムダ毛の間違った自己処理による色素沈着の予防とケア

色素沈着 画像 

色素沈着はカミソリ負けや肌が慢性的にこすれたりするとできます。

下着の締め付けが強かったりするとビキニラインなどが色素沈着をしたり、カミソリ負けまでいかなくても肌が強くこすれると色素沈着したりします。

色素沈着は怪我をしたあとのかさぶたが取れた後にもできますし、蚊に刺された後なども掻いてしまうと色素沈着してしまうことも。

アトピー肌の人はしっしん、アトピー、引っかき傷の跡は色素沈着します。

人の肌の新陳代謝や肌の質によっても違いますが、色素沈着は肌のターンオーバーとともに自然と薄くなり気にならなくなります。

ただし、色素沈着のできてしまった場所と原因によってはなかなか薄くならないことも。

特にわきの下の黒ずみは医療レーザーでのレーザートーニングでもなかなか改善しにくいといわれています。美容皮膚科ではハイドロキノンなどのホワイトニングの塗り薬を処方されることが多いですが、
それでも改善しにくい箇所としてお医者さんがはっきりきれいになります!と言いにくい箇所なんですよね。

そうならないためにも極力、カミソリやピンセットでの自己処理は控えましょう。

それから色素沈着の原因がなにかつきとめ、その原因によって対処と予防をしていきましょう。

ビキニラインの黒ずみ・色素沈着

キャメロン・ディアスや二コール・キッドマンも履いているストレスフリーなアンダーウェア。跡が付かない、締め付けがなくてさらにかわいい!洗濯もガンガンできて楽。

ビキニラインの色素沈着は何気に気になりますよね。脱毛するときも色素沈着が酷いところは痛みが強いため照射してもらえないこともあります。

ビキニラインの脱毛はただでさえ痛いので、色素沈着はなるべく薄くなった状態でエステに通いたいですね。

ビキニラインの色素沈着は下着による慢性的な擦れによってできる人が多いです。

とくにゴムの締め付けが強い下着だとなおさら。下着は安い下着でもいいのですが、なるべく締め付けがなくビキニラインにあたる部分はゴムでないものが望ましいです。下着を脱いだときゴムの跡が残るような下着はやめましょう。

もし色素沈着をしてしまっていたら、まずは下着の見直し、その次にお手入れの見直しです。

これは他の脱毛箇所にも言えることですが。カミソリでビキニラインを剃っていたりする、アンダーヘアを抜いていたりするといった自己処理も色素沈着の原因となります。

カミソリでビキニラインを剃っていると、アンダーヘアの生えている範囲が広がってしまうこともありますし、毛抜きで抜いていると毛穴にばい菌が入って炎症を起こしてしまうことも。

ビキニラインも自己処理はこまめに電気シェーバーで整えるようにして、エステで永久脱毛してしまうのが一番。

締め付けない下着として私が愛用しているのはハンキーパンキー、全部レースでできていてゴムなどの跡が一切付かない。キャメロンや二コール、ジュリアン・ムーア、ケイト・ハドソンといったハリウッドセレブから藤原紀香、平子理沙も愛用している下着として有名。NYでは18$で買えるのでいつもまとめ買いします。カラーも超豊富でプレゼントにも最適。

黒ずみ・色素沈着のお手入れ

保湿とホワイトニングができ、クレンジング、洗顔、パックとして使えるヴェルトゥーの石鹸。他の石鹸にはないしっとりと潤う感じがあります。贅沢に身体にも使っていますが、バストトップの色が明るくなった気がします。

もし色素沈着をしてしまって自然と薄くならないようであれば、積極的な毎日のお手入れをおすすめします。

低刺激で肌のターンオーバーを促進してくれる効果のある石鹸や保湿、ホワイトニング効果のある石鹸を良く泡立てやさしく泡で洗ってあげること。そうすることにより古い角質が自然と剥がれ落ちるのを促進します。

さらに、化粧水やボディクリーム、ジェルなどで保湿をしてあげるといいです。

天然のグリセリンが入っている石鹸でパックしてあげるのもいいですね。天然のグリセリンは保湿効果も高くちょっと高級な石鹸になってしまいますが。

右の画像は私が愛用しているホワイトニングの効果がある石鹸です。
天然の成分のみで作られた石鹸なので少し高いです。

泡立ちはそこまでありませんが、天然のグリセリンが入っているためパックとしてもつかっています。

色素沈着が気になる部分に手で泡をなじませるようにマッサージしたり、その後しばらくそのままにしておきます。そうしてから流すとスベッスベになるのと、使い続けているうちに色素沈着が気にならなくなったり、バストトップの色がワントーン明るくなった気がしました。(使用する人によって感じ方に個人差はあると思います。)

ヴェルトゥーの石鹸は種類も豊富でいろいろな香り、使い心地が楽しめます。

わきの下やビキニラインの黒ずみ・色素沈着の予防

色素沈着の予防はなんといっても肌の擦れが原因となるので、
カミソリ、毛抜きなどでの自己処理をやめること。

ビキニラインの色素沈着は下着の見直しと自己処理の見直しをしてください。

また肌が乾燥した状態は肌が傷つきやすく色素沈着の原因にもなるのでなるべく日ごろからボディケア。保湿を心がけましょう。夏は紫外線によるダメージを受けやすいですし、冬は乾燥しやすいです。

乾燥したからお手入れ、ではなく、日ごろから自分の肌のチェックをしてボディケアも日常的なものとするのが色素沈着の予防にもなります。

エステやクリニックでは色素沈着している部分は、照射してくれないので、足などに虫刺されやかさぶたの跡があるとその分損してしまいます。

私の場合、アトピーで引っかき傷がひざ下にあって、照射してもらうときは小さい絆創膏をところどころに貼られたのでその部分はまだ微妙に生えてきたりします。(今は色素沈着はほとんどないです)

とりあえず、自己処理は電気シェーバーで!

フェリエ
Panasonic フェリエ マユメイク
ウブ毛用刃、マユ用刃、マユコームA・B付
電池:アルカリ乾電池別(単4×1個)

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP