ムダ毛の自己処理は色素沈着や肌トラブルの原因に!

やってはいけない痛い自己処理!

やってはダメな自己処理は?

多くの肌トラブルの元は間違ったお手入れによるもの!

女の子の脱毛は早ければ中学生から遅くても高校生にはあちこちの無駄毛の処理を自分で始めます。でも脱毛って何ですべきかわからなくて、間違った方法で処理をしてしまう、肌を痛めてしまうことってありますよね。

でも間違った自己処理を続けていると、
いざエステで脱毛をしようと思ったとき支障がでてしまうことを知っていますか?

また色素沈着、埋没毛などのトラブルの原因にもなります。

エステで脱毛の結果に個人差が出てしまうのは、あなたの間違った自己処理のせいでもあるのです。ではどんな自己処理がいけないのでしょうか?

毛抜きで1本1本抜くのは絶対ダメな理由!

毛抜きで自己処理をする女性 イラスト 画像

毛抜きで自己処理はもっともお肌に負担が掛かる行為!

毛抜きで抜いてしまえばしばらくはきれいな状態が続くと勘違いしていませんか?毛の生える仕組みでも紹介していますが、たとえばわきの下の場合、目に見えて生えている毛は全体の20〜30%。そのため毛抜きで処理してもすぐに新しい毛が生えてきます。

毛抜き一本ずつ毛を抜いて出血したり、にきびのような炎症を起こしたことありませんか?

特に成長期の毛を無理やり抜くと出血したり毛穴が広がってしまう原因となったり、ひとつの毛穴から2本、3本の毛が生えてくるようになってしまうことも!

毛抜きでの処理を続けていると毛穴が黒く見えたり、
赤くなって元に戻らなくなることも。

また、埋没毛といって皮膚の表面でなく皮膚の下に毛が埋まったまま生えてしまうこともあるんです。 埋没した毛は医療レーザー脱毛でもエステのフラッシュ脱毛でもなくすことができません。

でも一番怖いのは、毛穴にばい菌が入ってしまうこと

特にわきの下やビキニラインの毛は太いため、無理やり抜くと毛穴が開いた状態のままになってしまい汗などに含まれるばい菌が入りやすくなってしまいます。

ばい菌が入ってしまいにきびのようなしこりができてしまうこともありますし、最悪うみの袋ができてしまい、炎症を起こし腫れ上がって手術をしなくてはならないことも。形成外科には夏になるとそういったトラブルで相談に来る人が増えるそうです。

そうなってしまうと、皮膚科にいって患部を切開し、膿を取り除かなくてはならないため、しばらくは痛くてムダ毛の心配なんてしている場合じゃなくなります。(わきの下の場合部分麻酔で手術をするらしいですが、それでも痛いらしいです。)

またエステで脱毛するには毛根がのこっていないといけませんので、毛抜きで処理してしまうと、ターゲットがなくなってしまうため、その箇所の脱毛はできません!

かみそりで自己処理は肌の乾燥や肌荒れの原因に!

カミソリで自己処理をする女性 イラスト 画像

カミソリで自己処理するのはもっとも一般的な自己処理ですよね。
でもカミソリ負けしてしまったり肌がひりひりしてしまったことありませんか?

石鹸やシェービングフォーム、脱毛用のジェルなどで肌の表面のすべりを良くしても、やっぱり剃れない毛や剃りにくい場所はついつい力を入れて刃を当ててしまったり、何度もカミソリを上下させてしまいます。

その間に知らず知らずのうちに肌の表面を傷つけ痛めてしまうんです。

肌の表面が傷ついたり、肌が乾燥してしまうのは、こうしたカミソリによる自己処理のせい。何度もカミソリを滑らせていると毛穴が盛り上がり凸凹してしまう!なんてことも。
自己処理したひざ小僧の凸凹した毛穴と自己処理してないひざ小僧の写真

それにカミソリではすぐに毛が伸びてきてしまうため、
頻繁に肌にカミソリを当てることになります。
それを繰り返していると肌に負担が掛かることは明白。

それに、毛の生える範囲や毛の太さが変わってきたりします
また毛抜きでの自己処理同様に埋没毛などのトラブルも出やすくなります。

毛の生える範囲(毛の量が増える)が広くなると当然、エステで脱毛する場合も脱毛範囲が広いため結果が出るのがその分遅くなります

また肌が乾燥しやすい状態はエステでも歓迎されません。

間違ったワックス脱毛は色素沈着などの原因にも!?

ワックス脱毛は市販のワックスと呼ばれる液状のものを脱毛したい部分に付け、付属の専用シートで一気にはがすという脱毛方法です。

ワックス脱毛は毛抜きで抜くより短時間で一気に根元から脱毛が可能です。(ワックスでの脱毛の場合ある程度ムダ毛を伸ばしておく必要があります。)

しかし、市販されているワックスが肌に合わず、一気にはがした後皮膚が赤くなり色素沈着してしまった人や、肌に合わずかぶれてしまうなどのトラブルもあります。

自分で行う場合は慣れやちょっとしたコツも必要。

特に海外の製品のワックスは日本人の肌質にあっていなかったり、
脱毛箇所によってはワックスが向いていない場合も。

アンジェリカワックスのようなハチミツベースのワックスならまだ安心ですが。
粘着力が強すぎるワックスはお勧めできません。

また毛抜きで抜くのと同様に、エステで脱毛をする場合、
ターゲットとなる毛根がないため効果が出ません。
※エステによってはワックスや毛抜きでの脱毛後は2〜3カ月時間を置いてからでないと脱毛できないとお断りされます。

ではどんな自己処理をすればいいの!?

フェリエ
フェリエは眉用アタッチメントもついてます

さて、ここまでつらつらと自己処理の失敗例をあげてきましたが、ではなにでムダ毛の処理をすればいいか?ということですね。

それは電気シェーバーでの自己処理です。
エステでも必ず自己処理は電気シェーバーを使うように言われます。

電気シェーバーは細かい刃が上下に動いて毛をカットしてくれるので、刃がむやみに肌の表面を傷つけることはありません。

肌の凹凸があるわきの下などT字カミソリではそりにくくて何度も刃を当ててしまうようなところにも電気シェーバーなら安心して使えます。

電気シェーバーでの自己処理なら色素沈着や埋没毛の心配もありません。

だた、毛の生えるのが早い人はこまめなお手入れが必要になりますが。

今は小さくてかわいい持ち歩きにも便利な電気シェーバーも出ているので、
そういったアイテムをつかって楽しくお手入れができるようにするといいと思います。

フェリエは顔用のシェーバーですが、これでビキニラインの剛毛も行けちゃいます。
ひざ下、ひじ下から全身まで意外とこれで行けちゃうので、いちおしです。

ちなみにカミソリや毛抜きを使うとどんなことになるのでしょうか?

≫カミソリや毛抜きの自己処理で埋没毛が増える?

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP