サービスや脱毛機の違いは覚えておいて損はなし、見直される医療機関での脱毛

通いやすいのはクリニックORサロン?

知っておいて損はしないクリニックとエステの脱毛の違い

トータル的に見てあなたにはどっちのエステがお得?
医療機関での脱毛を選ぶ人、増えてます。

脱毛サロンはテレビCMや電車のつり革広告でかなり宣伝がされていて、ミュゼプラチナムなんかは渋谷に大きなビルの液晶画面を独占しているなどで、脱毛=エステサロンと思っている人が多いですよね。

もちろん、エステサロンでの脱毛は人気ですし、お手頃価格でできるので今やムダ毛はエステで脱毛してしまうのが当たり前、常識!という感じになってきました。

友達同士のリアルな口コミでも脱毛サロンの話題はどこに行っても聞けるほど。
なんならスタバやカフェでとなりの席の女の子の会話を聞いていれば脱毛サロンの話題であることも今の時期珍しくないほど。

でも、最近見直されているのが医療機関であるクリニックの脱毛です。

そもそも、脱毛行為は本来はエステでは非常にグレーな行為であり、万が一のやけどや消費者センターへの苦情があったりすれば、営業停止になることもあり、過去に実際いくつかのサロンは営業停止命令を警視庁に受けて倒産してしまったサロンもあるほど。

なので、エステでは絶対に『永久脱毛』という言葉はつかえず、毛根組織を殺傷する行為である脱毛は本来医療行為に当たるため、脱毛といっても永久脱毛ではなく減毛といったりしています。

まぁ、それでも大抵のエステでは実際に毛が生えてこなくなるので永久脱毛と同じレベルの効果は見込めるため、ここまで多くのエステサロンが増えたのですけどね。

でも厳密に言えば、永久脱毛=毛の生える仕組みである毛乳頭という組織を熱によって殺傷する行為なので医療行為に当たります。万が一のことがあったら営業停止という可能性はどこのエステサロンも抱えているリスクです。(そのためエステでは警視庁のOBを天下りさせているところもあるほど。)

こういった背景を知ると、脱毛は本来エステじゃなくてクリニックですべきなんじゃないか?
と思いますよね。

ただ、ここ最近まで、医療機関であるクリニックでは脱毛機が高額なため、なかなか単価が安くならなかったんですよね。

今ではだいぶ安くなっているんですけど。

たとえばダイオードーレーザーという機械は1台あたり800万円ですし、アレキサンドライトレーザーでも300万円と言われていて、エステで主に使われている脱毛機よりもかなり高いんですよね。(レーザーとIPLではそもそもの出力の光の質が違うんです。)

でも、今は医療レーザー脱毛が安くなってきたということと、エステと違ってきちんと予約が取れるし、毛がきちんと生えてこなくなるっていうことでクリニックで脱毛をする人が増えています。

比較するとこんなに違う!エステとクリニックの脱毛

サービス内容 エステ クリニック(美容外科・美容皮膚科などの医療機関)
脱毛機 フラッシュ脱毛器。独自に開発したものやイスラエルや韓国など海外で作られた製品を会社が個人輸入。そのため脱毛機の写真や画像撮影禁止だったりします。 アメリカFDA認可の医療レーザー脱毛器やIPL脱毛器。
医療レベルの出力で毛乳頭を殺傷できる。(=永久脱毛ができる)
料金 かなり安いがサロンによっては予約が取りにくい。 クリニックによってまちまちだが安いクリニックも増えている。
予約 東京都心部や人気のエリアは予約が取りにくいことも多い。 クリニックによって違いがあるが、エステほど混み合わないことがほとんど。
営業行為 勧誘はないと謳っていても、施術中に他部位のキャンペーンなどのアピールはあることもサロンによってはある。 医療機関は営業行為はおおっぴらにできないため、ほとんどが営業トークがなし。
安全性 安全性を重視するため出力を抑えていることも。
医師が常駐しているわけではないので、肌トラブルがあったら自己負担で提携医院を紹介されることも。
高い出力を出しても、軟膏など炎症を抑える薬を処方できるため、肌の反応を見て照射可能医師の責任の元施術が行われる。
アフターケア 化粧水や美容液などのケアがあるところや、クールダウンのための冷たいタオルでのケアがあり。 冷たいタオルでのクールダウンと軟膏を塗って終わり。
万が一の保証 エステにもよるが、肌荒れや炎症が起きた場合はその通院費用は負担してくれないことがほとんど。 医師の診察の元、薬が処方される。有料か無料かはクリニックや医師の判断によるもの。
リスク 消費者センターへのクレームや万が一のトラブルや事故があった場合、閉店リスクがある 個人経営の美容クリニックの場合、倒産リスクはあるが脱毛行為による閉院リスクはほぼないと考えられる。

こうやって比較してみると分かりますが、それぞれメリット、デメリットに感じる部分は人によっても違います。部分脱毛では今は数百円〜数千円でできるエステやクリニックが増えているので、万が一、急に通えなくなるようなことがあっても大した痛手にはならないですが。

小さいエステサロンでの脱毛は過去に計画倒産などもあったので無名の激安エステなどはそういうリスクもあるということを頭の片隅に入れておいた方がいいです。(過去に倒産した脱毛エステ)

それから顔のうぶ毛なんかで火傷してしまった際のリスクなどを考えると、クリニックを選択したほうが安心です。

エステの場合、お医者さんが常駐しているわけではないので、実際肌トラブルがあってクレームの電話を入れても提携した医療機関を紹介されて終わりっていうこともあります。(良心的なエステは領収書を持っていけば治療費を負担してくれますが、自己負担になることも多いです。)

肌トラブルに関しては、クリニックでも薬を処方されたりは有料になったりする可能性もありますが。脱毛行為を行ったそのクリニックで責任を持ってくれるので安心と言えます。

それから、エステの場合は出力設定が低すぎたりするため、通う回数がクリニックのレーザー脱毛より多くなることもあります。

キチンと抜ける、毛が生えてこなくなるエステサロンもありますが、機械のメンテナンスや照射の熱源であるパルスライトの消耗をきちんと管理していなかったりすると、出力が十分でないため毛が抜けない、毛の根元がダメージを受けず、脱毛できていないこともあります。

3〜4回通っても減った感じが全然しないというのはエステサロンの脱毛器の出力が弱い、メンテナンスができていないなどの理由がもしかしたらあるかもしれません。

その点、クリニックの医療レーザーは毛乳頭を確実に殺傷できるレーザーと出力を医師の判断の元使えるので、通っても減らないということはまずないです。(※とはいえ毛周期というものがあるので最低通う回数は脱毛部位や今までの自己処理方法、毛深さなどで個人差があります)

あとはエステと違ってクリニックは大人が通いやすい!という点が注目されています。

≫脱毛部位と価格を徹底比較!予約が取れてコスパがいいのはどこ?

knowledge

今月の口コミ体験一押しは“施術後の毛の抜け”が違う! 【 ヴィトゥレ 】

Vitule(ヴィトゥレ)

大人が通う人気クリニック&エステ

Topix

TOP